victor_wembanyama

先日、6月23日(日本時間9:00)、NBAドラフトが行われた。
今回のドラフト最大の注目はビクター・ウェンバンヤマの指名であっただろう。
身長226cmの超大型ビッグマンは順当に1位指名をされ、サンアントニオ・スパーズに指名され、
期待が高まっている。
レブロン・ジェームズ以来の期待値とされ、世界中がウェンバンヤマの活躍を心待ちにしています。
2022-23シーズンで所属していたフランスのプロリーグでは、シーズンMVP、得点王、最優秀守備選手賞などあらゆる賞を総なめにしています。

身長226cmの体格からは想像もつかないスピード、アジリティー、ガード並のハンドリング能力、長距離砲も躊躇なく打てるシュート力、その高身長から繰り出せる驚異的なブロック。
これだけ聞けば、誰も止めることのできないスーパー選手のように聞こえますが、もちろん弱点も懸念されています。
特に体の線が細く、NBAの中で筋骨隆々の選手たちとマッチアップしていくのは難しいとの声もあります。

先日から行われているNBAサマーリーグでは、すでに2試合に出場しており、デビューとなったシャーロット・ホーネッツ戦では約27分の出場時間で9得点8リバウンド5ブロックを記録しており。
FG%は2/13とシュートに苦戦したもののディフェンスではその存在感を示している。
続く、ポートランド・トレイルブレイザーズ戦では、約26分間の出場時間で27得点12リバウンド3ブロックと圧巻の成績を残しており、シーズンを前にしてウェンバンヤマへの期待が高まってしまいます。

残りのサマーリーグは全休することが決まっており、シーズン開幕までウェンバンヤマを見ることはお預けとなってしまいますが、ここ数年ドラフト上位選手がシーズン前に怪我をしてルーキーシーズンを全休するという事態が増えていますので、練習中の怪我などない限りウェンバンヤマのNBAデビューを見ることはできそうですね。
とはいえ、フィジカル不足による怪我の心配などの問題は解決したわけではないので、これからスパーズのコーチングスタッフたちと問題の解決に取り組んでいくでしょう。

ウェンバンヤマのルーキーシーズンの活躍を楽しみにしたいですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です