trae_young

アリーナCDMXで行われたNBAメキシコシティゲーム2023では、アトランタ・ホークスがオーランド・マジックに120対119で辛勝した。

トレイ・ヤングは前半で33得点をあげ、ホークスを4点リードでハーフタイムに押し上げましたが、
第3クォーターになると突如ヤングのシュートが冴えず、5点差で第4Qへ突入。

ホークスは途中11点差をつけられましたが、残り4分4秒で14-2のランで逆転。ヤングがデジャンテ・マレーにアシストし、3ポイントショットが決まり、その後のマジックの3ポイントショットが外れてホークスが勝利しました。

ホークス(5勝3敗)はヤングが41得点と8アシスト、ジェイレン・ジョンソンが19得点と9リバウンド、マレーが16得点、ボグダン・ボグダノビッチが15得点、ディアンドレ・ハンターが12得点を記録しました。

この試合は標高2240メートルの高地で行われ、ヤングは「その影響を感じたし、それが皆に影響を与えた」と語りました。「第3Qでは息を整える必要があった」とも述べました。彼はメキシコシティのアリーナでのエネルギーを楽しみ、「ここでのプレイは素晴らしかった」と喜んでいました。

NBAコミッショナーのアダム・シルバーは試合前に、リーグの成長を促進することの重要性について語りました。「具体的なスケジュールを立てることは難しいが、リーグの成長は私の主要な責務の一部だ」と述べました。また、地元の報道陣からの問いに対し、メキシコシティでのチーム誕生について「我々は必ず戻ってくる」と語り、来年少なくとも1試合は開催することを示唆しました。

一方、2連敗のマジック(4勝4敗)は、ジェイレン・サグスが21得点と6スティール、パオロ・バンケロが17得点と8リバウンド、マーケル・フルツが13得点と5アシスト、モリッツ・バグナーが13得点と7リバウンド、フランツ・バグナーが12得点と7リバウンド、ゴガ・ビタゼが12得点と5リバウンド、ジョナサン・アイザックが12得点と7リバウンドを記録しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です