cavs_vs_warriors

11月11日(日本時間12日)にサンフランシスコにあるチェイスセンターでクリーブランド・キャバリアーズ対ゴールデンステイト・ウォーリアーズの一戦が行われた。
試合は118対110でキャバリアーズが勝利した。

ウォーリアーズは、エースのステフィン・カリーが30得点と奮闘したが、シュート成功率はFG%が9/24の37.5%、3ポイント成功率は4/14の28.6%と不調に終わった。
他には、クレイ・トンプソンが14得点、アンドリュー・ウィギンスが13得点、クリス・ポールはベンチからの出場で9得点9アシストだった。

試合は、終始キャブスがリードする展開となり、ウォーリアーズもなんとか喰らいつくが一度もリードを許すことなく第4クォーターへ突入。
第4クォーターに1点差まで詰め寄るも逆転には至らず、再び点差を離されてしまい試合終了。

勝利したキャブスは、6選手が二桁得点を記録し、エースのドノバン・ミッチェルが21得点・7リバウンド、ダリアス・ガーランドが19得点・5スティール、ベンチから途中出場したキャリス・ルバートがチーム最多の22得点を記録し、他3選手が二桁得点を記録した。

勝利したキャバリアーズは(4勝5敗)でイースタンカンファレンスで9位、敗れたウォーリアーズ(6勝4敗)はウェスタンカンファレンス5位に位置している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です