lakers_vs_rockets

11月19日(日本時間20日)、カリフォルニア州ロサンゼルスのクリプトドットコム・アリーナで行われたメンフィス・グリズリーズとの一戦は105対104でレイカーズが接戦を制し2連勝とした。

年齢を感じさせない圧巻の活躍のレブロン・ジェームズ

この日も圧巻の活躍であったレブロン・ジェームズ。
来月には39歳となるが未だに衰えを全く感じさせないパフォーマンスを見せている。
特に素晴らしかったのが、第3クォーターに逆転して以降、逆転のチャンスを狙っているロケッツを見事に抑えてみせたことだ。
ドライブからのフリースロー獲得、スリーポイントにアシストなど的確にオフェンスを展開して逆転の機会を与えなかった。
終盤こそ何度か同点にしてしまったが、残り1.2秒、レブロンはフリースローを獲得。
1本目のFTこそ失敗したが、2本目を成功。これが決勝点となり、レイカーズは接戦を制している。
この試合、レブロン・ジェームズは約40分間の出場時間で37得点・6リバウンド・8アシスト・3スティールを記録している。

レイカーズはレブロンの他に、アンソニー・デイビスが27得点・10リバウンドのダブルダブル、オースティン・リーブスが17得点、八村塁が11得点の活躍だった。
一方敗れたロケッツは、ディロン・ブルックスがチームハイの24得点、アルペレイ・シェングンが23得点・10リバウンド、フレッド・バンブリードが15得点・16アシスト、ジャバリ・スミスJr.が14得点であった。

2連勝となったレイカーズは日本時間11月22日にホームでユタ・ジャズと対戦する予定となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です